無事という水

Towards non-Japanese

Thank you access from overseas. This site has information about the outgoing hydrogen water. Please read each page with the intention of studying Japanese, if good, because it is operated by the Japanese.

無事という水

な、何ということを、たまに愕然とします。アウトドアでその周囲の川から水を飲み込むほうが多いのです。見た目は小ぎれいも、中に藻やバイ菌や寄生虫がいたりする。安全に飲み込むには、手段があるのです。汲んできた水を沸騰させて、上にビニールなどをかぶせて、そのついた滴を集めます。後は夜露も固めるのです。こうすることで、山や海で手持ちの水が無くなった拍子、綺麗な水が入手できます。水素水のアルミパッケージの方が楽なのです。

 


今の水は、昔より気掛かりが繁雑だ。無菌、消毒が健康にいいとおもう結果少しのバイ菌にやられてしまったり、アレルギーが起きたり決める。川の水や海水をおぼれて飲んでしまうと、熱や下痢、肺炎が起きることがありますが、ボクはケロッとしていました。幼児のころからそういった要所であかすという抗体ができます。呑みすぎるという危ないですが。アレルギーの方にも水素水はお求めできます。お水を飲み込む結果毒消しできますから。

 


水素水を選ぶ時折原水の採取スポットや放射能程度も確認しておきましょう。風説損失はよくありません。信頼できるデーターを提示してもらえれば安心できます。チェルノブイリの災害の後の子供達の染色体のデーターを見せて頂いたことがありますが、本当は長い棒がふたつ、もしくは少ない棒と長い棒の化合でこなせるはずの性染色体がちぎれていました。

 

これによって身体の機構が壊滅されて早くにがん程度発症しているとのことでした。世の中水素水のようにルーツがはっきりやるお水の方がリライアビリティがあるかもしれません。